ベースメイクに欠かせない化粧品とその役割とは?

ベースメイクに欠かせない化粧品とその役割とは? ベースメイクに欠かすことの出来ない化粧品は化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの3つがあります。
これらの化粧品にはそれぞれ役割があります。
化粧下地は使用することでお肌の凹凸や毛穴をカバーしてお肌を滑らかに整え、そのあとに使うファンデーションののりやもちを良くしてくれるという効果が期待できます。
お肌の色を補正したり紫外線をカットするアイテムもあるので、自分のお肌に合ったものを選びましょう。
ファンデーションはお肌の悩みをカバーして美しく見せるという効果の他に、紫外線や外部の影響からお肌を守るという効果が期待できると言われています。
パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプの3種類に分類出来ます。
フェイスパウダーはファンデーションの上に使用することで、よりお肌に定着させ化粧崩れを防ぐ効果が期待できると言われています。
使用することでお肌のトーンを明るく見せる効果も期待でき、固形状のプレストタイプと粉状のルースタイプに分類出来ます。

メイクアップ化粧品“コンシーラー”選びのポイント!

メイクアップ化粧品“コンシーラー”選びのポイント! 肌の欠点をカバーすることができるメイクアップ化粧品としてコンシーラーがあります。
ベースメイクを美しく仕上げるための必需品です。
コンシーラー選びのポイントとしては、カラー、テクスチャー、他のメイクアップ化粧品との相性などがあります。
カラーは、自分の肌色よりも暗めのものを選びましょう。
明るすぎると上手くカバーすることができませんし逆に浮いてしまうことがあるからです。
テクスチャーについてですが、シミやニキビやニキビ跡などをピンポイントでカバーしたい場合はスティックタイプの硬めのテクスチャーのものを選び、クマやくすみなどをカバーしたい場合はのびが良い柔らかめのテクスチャーのものを選びましょう。
ピンポイントでカバーする際は硬めのブラシにとってポンと置くようになじませるのが効果的です。
広げ過ぎるとカバー力が半減します。
ファンデーションや化粧下地やパウダーとの相性も考えて選ぶようにしましょう。
自分にぴったり合ったコンシーラーを選んで美しい肌に導きましょう。