化粧品をカスタムして使う

化粧品をカスタムして使う

化粧品をカスタムして使う コスメショップではたくさんの化粧品が販売されていますが、意外と自分の肌や理想にぴったり合う化粧品は見つけられないものです。そこで、最近手持ちのチークやリップをカスタム(混ぜて好みの色合いや質感を作ること)する人が増えています。どんなメリットがあるのでしょうか。
まず、第一に「理想の色味」を自分で作れることが挙げられます。店頭で良い色だな、と思って購入してもいざ塗ってみると思ったほど発色しなかったり、時間の経過と共にいまいちな色味に変わってしまったりすることはよくあります。カスタムは既存のチークやリップを混ぜ合わせて作るので、塗ってみないとわからない微妙な違いを見ながら色味を調節して世界に一つだけの化粧品をつくることができます。このちょっとした工夫で仕上がりが大きく変わるのです。
次にコストの節約です。新しい色を使いたくなるたびにあれこれ買っているとお金がかかりますし、結局使い切れなくて余らせてしまいます。また、所謂「捨て色」がいくつも生まれてしまうでしょう。そうやって余ってしまった化粧品をカスタムに使えば、新たに買わずに済みますし、余り物を消費することもできます。今あるものを上手に活用してメイクを楽しみましょう。

自分へのご褒美に化粧品を購入!

自分へのご褒美に化粧品を購入! 化粧品は美しさを生み出すものであり、それは外見だけでなく内面においても言えることで、使うことで癒やしを感じる人もいます。学業や家事、育児に追われ忙しい毎日を送っている方や、大きな仕事が成功した時、難しい試験に合格した時など、自分へのご褒美に欲しかった化粧品を購入することはとても良いことです。
女性は化粧品が大好きで、肌が調子良くしっとりと潤った瞬間や高級感のある品の良い香りに包まれた時、幸せを感じる人は多いです。これからも頑張って生活していくためのモチベーションを保つためにも必要なものだと言えます。
ご褒美として購入する場合は5千円〜1万円ほどが相場ではないでしょうか。安すぎるものは有効成分の量や質によって効果が薄いこともあり、1万円以上のものは罪悪感を感じて反対にストレスになることもあるからだと考えられます。
化粧品に対する価値観は三者三様ですが、女性にとってご褒美になる特別な存在です。人から贈られるよりも自分で選び購入するのも楽しみのひとつになります。