メイクアップ化粧品“チーク”を使用する上での注意点!

メイクアップ化粧品“チーク”を使用する上での注意点! メイクで、化粧品のチークを使う人も多いでしょう。
頬に色を入れることで、顔の印象が明るくなり、顔色が良く見えるのが特徴です。
特に若い人は、若々しさをアピールできて、チークを入れることで、大人っぽい印象も作ることができます。
化粧品で頬に色を入れる場合は、色選びと、塗り方に注意が必要です。
若い人は、ピンク系を、丸くふわっと入れることで、柔らかくてキュートな印象に仕上がります。
塗り方は、頬の高い部分から、丸く円を数回描くようにします。
何度も重ね塗りをすると、濃くなってしまい、頬の部分だけが目立ってしまうので、2、3回薄くのせることが大切です。
30代から50代の人は、オレンジ色を入れると肌の色に馴染みます。
大人の女性は、ピンクよりオレンジの方が上品に仕上がります。
頬の高い部分から、下に向けて楕円形を描くように入れると良いでしょう。
チークを塗る時は、色と、塗り方に気をつけて、年代と、自分の肌に合わせて色を選ぶことが大切です。

メイクアップ化粧品“チーク”を入れることでどう変化がある?

メイクアップ化粧品“チーク”を入れることでどう変化がある? ファンデーションなどの化粧品を使用してベースメイクが完成したら、チークを入れることで顔の印象を変えるさまざまな効果が期待できます。
まずは肌の血色をよく見せることで美肌に見せる効果があります。
ほんのりと頬に紅をさすことで顔色の良い若々しい肌に見せることができます。
そして顔を小さく見せる効果も期待できるのがチークの魅力です。
ただし、この場合入れ方には注意が必要で、顔が逆三角形で頬がややこけている人はチークを丸く入れ、面長の場合は横に楕円形に入れると小顔効果があります。
さらに丸顔の場合には顔の形をシャープに見せるために頬骨のラインに沿って斜めに入れるようにするとより小顔効果が期待できます。
化粧品の中でも特にチークは使い方によってずいぶん顔の印象が変わるものです。
ただし、自分の顔の形をきちんと把握して自分に合った入れ方をすることで初めて効果的に顔の印象を変化させることができますが、入れ方を間違えると何とも野暮ったい印象になってしまうので要注意です。