oem製造可能な化粧品の特徴とは?

oem製造可能な化粧品の特徴とは? oem化粧品とは相手先ブランドとして製造可能な商品のことで、自動車業界やコンピュータなど幅広い分野で行われている企業間取引を指し、販売ブランドが流通業の場合プライベートブランドとも呼ばれています。
oemメーカーは工場や製造設備が自社になくてもオリジナルブランドの化粧品を製造することが出来るため、本来必要になるはずの設備などにコストを費やす必要がないという特徴があります。
そのため商品の作り方はもちろん、販売方法も分からないという企業も気軽に参入することが可能です。
またメーカーの多くは小ロット生産に対応しているため、注文書や発注書のみで必要な数の商品をあらかじめ決められた納期で製造してもらう事が出来ます。
そのため大量の在庫を抱える必要がないためリスクがなく安心できます。
スタッフに関しても製造スタッフを企業内に抱え込むリスクを避けることが出来るため、そのぶん企画や販売などの活動に経営資源を集めることが出来効率良く、ビジネスが成長していくことが出来るのも特徴の1つといえるでしょう。
専門知識を提供してもらうことが出来るため、メーカーを選択するときは信頼できる所に委託、管理を徹底するようにしましょう。

oem製造が出来ない化粧品の特徴とは?

oem製造が出来ない化粧品の特徴とは? 化粧品のoem製造は可能な製品の幅が広く、化粧水・美容液・ハンドクリームといった様々な系統の製品に対応する事が出来ます。
また同様のラインや技術を使用しての健康食品等も製造可能で、応用範囲も広いものです。
ですが中には、製造が出来ない化粧品も存在します。
まずoem製造においては、製造委託を受けた業者は化粧品製造業許可を保有し、その定めに基づいた製品を作る事となります。
裏を返せば、定めの範囲を超える別の規制対象となるような成分は、使用する事が出来ません。
含有する事で製品が医薬品に該当してしまうような成分が、これに該当します。
またoemでは製造の為のラインを、委託業者に頼る事となります。
扱える容器や形状にある程度限りがあり、合致しない製品は製造が出来ない可能性が高まります。
更に委託業者側としても発注された製品を納める事により、利益を出さなければなりません。
その為にはある程度の規模のメリットが必要で、製品のタイプによって最低ロットを定める事が一般的です。
試作段階であればごく僅かな量の製造も受け付けて貰えますが、あまりに小ロットの場合には成分等が基準に適っていても、製造が出来ないとされる場合もある訳です。

化粧品関連リンク

在庫バルクの小分けではなくゼロからのブレンド

化粧品 oem